目指せ! 華やかに日々を彩る投資生活

株でマネーとライフの充実を目指します!

さらば! ベトナムファンド しかし、ベトナムは将来有望! おすすめ

ベトナムファンドを遂に手放しました。

07年に購入し、取得すること12年 手持ち資金が必要なため、

泣く泣く売却しました。

 

f:id:starfield55:20191102121252p:plain

さらば! ベトナムファンド

BRICSやVISTAで新興国の高成長をうたわれた時期に将来性を感じ、投資をしました。VISTAのVはベトナムですね。チャイナプラスワンとも言われていますね。

 

ベトナムに投資をする証券会社を探したところ、当初は国際投資のパイオニアのアイザワ証券が見つかり、証券口座を作りました。

 

私のイメージは、2倍、3倍 あわよくば10倍にもなる可能性があるのかなあと淡い期待を持ち、投資をしました。

しかし、当時少しずつ増えていた資産はリーマンショックにより、あえなく夢絶たれて、元本割れ。その後もしばらく低迷してきました。

しかし、その後の世界的な好景気に下支えされ、徐々に資産を増加させてきたのです。

その結果、投資成績は元本の1.4倍という成績で売却しました。

 

ただ、12年も寝かし続けて この程度ではちょっと物足りない感じです。

まあ、低金利の今の日本においてはこれだけ増えるというのは投資の醍醐味ですね。

ベトナムは個別銘柄の投資はしにくかったので、投資信託を選びましたが、

個別株を買うのとは違って、株価があまり気にならないのは精神的には良いですね。

 

やはり、個別株と投資信託をうまく資産として構成して、安定的な資産とリスクテイクする資産で構築したいものです。リスクが健在化した時は長期間の痛みを伴いますが、

ここは辛抱ですね。リーマンショックでみるみる資産が、毎日減るのをドキドキ見ていて耐えに耐えてきた経験が生きます。

やはり、投資は手持ち資金をある程度持ちながらすることが大事ですね。自戒の意味も込めて。株暴落時に市場に立ち向かっていく武器、いわゆる手持ち余裕資金があるかが投資成績を左右するのです。

 

私は今の立ち位置は我慢の期間にいます。損切時期を見誤った株式も持っていますが、

しかし、景気も上下しますし、個別銘柄の業績も上下します。将来的な果実をイメージしてやはり我慢そして出動準備することが大事です。短期的な利益を狙うもの、長期的な利益を狙うもの これをうまく区別してストーリー立てて投資生活を送りたいものです。

 

かの、イチローも毎日の努力を続けた人がより遠くに行けると言っています。

一日の成果は人によってあまり変わるものではないですが、長期的な成果が出るように皆さんも日々頑張りましょう!

 

 
(*本内容は、特定の銘柄、取引を推奨するものではありません。取引に当たっては、ご自身のご判断でお願いします。売買で被られた損失に対し、著者は何らの責任も持ちません) 

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村

トレンドに乗って飛び降りるタイミングが大事 NVIDIA銘柄に思う

f:id:starfield55:20191026125512j:plain

NVIDIAという会社を知ってますか?

 

米国の半導体企業で、過去はグラフィックに強いグラフィックボードを開発し、販売してきた会社です。

 https://www.nvidia.com/ja-jp/

 

昨今、注目を浴びてきたのは、このグラフィックボードで培った重い処理能力が人口知能AIのディープラーニング処理に適切だとして、AIトレンドを先どる形で成長してきました。株価もそれに反応する形で上昇してきたのです。

 

あの、ソフトバンクの孫さんがソフトバンクビジョンファンドを設立し、このNVIDIAに投資をしました。この後のタイミングで、私もある米国上場株を売って、このNVIDIAに乗っかりました。投資当初はブームもあり、急上昇しました。

しかし、このブームも長くも続かず、そしてNVIDIAの業績も一次の成長から鈍化、自動運転等の普及は思ったほど早くは到来せず、需要も落ち着いたのです。

そして、ソフトバンクビジョンファンドも減損処理をして資金を引き揚げてしまいました。

 

よく思うのは、ブームにある程度乗っかったら売り時を間違えないことが大事です。

過去、私が経験したのはSHOP99という、99円のコンビニを展開した会社があって、

ものすごい勢いで成長していました。このブームに私も乗ったのですが、他社大手コンビニも同様の、100円ローソンのような店舗を展開し、あっという間にブームが収束しました。

SHOP99はローソンに買収された結末になった訳ですが、やはり、ブームの終わりを意識して利食いを実施することは、株式市場に長く居続けるためには重要なこととつくづく思います。

さて、話をNVIDIAに戻すと、この自動運転等のCASEの覇権を握るのはなかなか熾烈な争いですね。あのテスラが自動運転用のチップを開発して、発表したのは驚かされました。

しかし、NVIDIAも負けておらず、最新は株価も回復してきました。

私自身も、買値に戻った段階で売却し、他銘柄に移るかどうか、難しい判断です。ですが、当時目論んでいたストーリーが崩れた今の状況を考えると、売却の判断が正しいと思っています。

やはり、過去の経験を活かすことが大事です。少しずつ過去の失敗を活かして、トレードに反映することができれば、上下しながらも経験値からトレンドの波を感じることができ、資産も粘り強く我慢をしながら上昇していくのではないかと思います。

 

f:id:starfield55:20191026125535p:plain  

(出典:ヤフーファイナンス)

 

株価は18年9月の281ドルをピークに130ドル付近まで急落し、現在は200ドル付近まで戻しました。半値戻しの状況です。もう少し、我慢強く見ていこうと思っています。

 

 皆さんの投資生活に華やかに彩りを与えられれば幸いです。
 
(*本内容は、特定の銘柄、取引を推奨するものではありません。取引に当たっては、ご自身のご判断でお願いします。売買で被られた損失に対し、著者は何らの責任も持ちません) 

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村


 

子供のおもちゃにおすすめ 実録 エレキット ロボットアーム組み立て

今回は、趣向を変えて、おもちゃ工作の報告です。

 

以前、一秒で捨てろという、成毛さんの本を紹介しましたが、

その中で、Elekitのおもちゃがすごいという記事がありました。

 子供向けのおもちゃとしてとても良いという評価でした。

 

なので、早速買って、子供と一緒に組み立ててみました。

 

www.kabu-share.com

 

これが、おすすめの水圧式ロボットアームです。水圧の力だけでロボットアームが動作する仕組みです。

f:id:starfield55:20191022100521j:plain

 

f:id:starfield55:20191022101356j:plain

 

箱の中をあけると、このような部品が入っています。昔のプラモデルのように様々な部品をニッパーで切っていって組み立てます。ただ、私の家はニッパーがなかったので、急いでホームセンターに買いに行きました。。

箱の中には、6種類くらいの部品群があって、なかなか部品点数が多かったです。

ただ、説明書通りに組み立てれば、無理なく組み立てられます。対象年齢は10歳くらいだそうです。

f:id:starfield55:20191022101030j:plain

もう一つおもちゃを買ったのですが、こちらは半田ごてで回路を繋ぐおもちゃだったのですが、こちらは組み立てるだけだったので工作がしやすかったです。

 

後半戦は、シリンダーを10個程組み立てて、オイルを塗って、動作が滑らかにするのと

チューブを指定された長さで切って、シリンダー同士を連結します。

そして、注射器のように取ってを引き上げて水を溜めていく感じになります。

これが動作機構になります。

 

水で満たされたシリンダをロボットアームのベースに取り付けると完成です。

 

全部で、5,6時間の作業でした。

ラグビー日本代表の試合開始が迫っていたので、締め切り効果はそれなりに

あったと思いますが完成させました。

 

完成した姿がこちらです。

f:id:starfield55:20191022103713j:plain

f:id:starfield55:20191022103729j:plain

右側のレバーを動かすと水が押し出されて、連結されているシリンダへ伝わり

アームが動作する機構になります。

注意しなくてはいけないのが、チューブの連結部分が少しはずれて、水が

漏れやすい所です。おおむね、スムーズに動作してくれました。

 

やはり、普通のおもちゃを買うくらいだったら、親子で一緒に工作して、

動作機構を学ぶことができるエレキットのおもちゃは良かったと思います。

子供時代のプラモデル製作で夢中になったことを思い出しました。

 

一応、投資ブログ的に表現すると子供への投資、自己啓発への投資が

効果的なものであれば複利の力でリターンは帰ってきますし、自己のスキル、経験

はお金や資産と違って盗まれないというメリットがあります。

いろんな経験をさせることは親にとっては必要な意識ですね。

皆さんも、エレキットのロボットワームを買って、お子さんとのコミュニケーションのツールとして、また工作経験による好奇心を試す機会にしてはどうでしょうか。。

 

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水圧式ロボットアーム【MR-9105】 ELEKIT
価格:4280円(税込、送料別) (2019/10/22時点)


 

衝撃の映画 JOKERを観た! いろんな感情が揺さぶられる!

本日は、投資とはまったく関係ない話で、エンタメな話を一つ。

 

先日、あの話題の映画 JOKER を見てきました。

 

f:id:starfield55:20191019154248j:plain

 by Warner Bros.

 

私は映画が好きで、過去レンタルビデオ屋の100円レンタルセールの時に10本くらい借りて、家にビデオデッキが2台あったのでダビングしてゆっくり見るような生活を過去していました。

 

ということで、JOKERなんですが、

ストーリーには触れませんが、今回は映画を見ての感想を記したいと思います。

 

ある人間がいろいろな出来事を経験して、JOCKERとして生まれ変わるストーリーですが、没入感がすごかったです。とても他人事には思えない。

多分、この感覚はホアキン・フェニックスの演技がすごいという

一言につきるのかもしれませんが、

自然と自分に置き換えて自分だったらどう感じるのだろうか、

といった感覚が最後の方まで続きました。

 

また、感情のバロメーターの動きがとても頻繁に動く映画です。思いがけない悲しい出来事が続いたりした時には、感情移入しすぎて 

ああ、そうなるよなっていう妙な納得感を感じました。

 

また、あっ 今スイッチ入ったな というのも見ていて初めての感覚でした。

それ程 主人公JOKERの感情の起伏の変化がわかる映画となっています。

 

映画を見終わった後に過去同じような感覚に陥った映画があったかなあと考えた時に1つの映画のタイトルが浮かび上がりました。

その映画もビデオではなく、映画館で観た映画なのですが、そのタイトルとは。。。

 

 

「セブン」です。ブラットピット、モーガンフリーマンの出世作といっても

良い作品で、7つの大罪に見立てて、狂気的な殺人が繰り返される映画です。

感情移入の感覚と感情の起伏が似ていると感じました。

 

それ程の感情移入が入る映画なので、何日かはJOKERを心の中で

引きずるかもしれません。

映画自体の内容より、自分を内観し、感情の変化がどうなっていくのかを

感じるのに良い映画かもしれません。

人間誰しも、ダークな部分は持ち合わせているものです。

どういう形で感情として出てくるかを感じるのは

なかなかない経験ではないでしょうか。

 

それともう一つ、感情を揺さぶるのに演技はもちろんですが、

バックミュージックがすごい効果的だったなあと見終わった後で気づきました。

自然と感情が誘導されていたのかもしれません。

 

いずれにしろ、この手の映画はなかなかないように思えるので、

映画好きな方にはたまらないかもしれません。

最近、映画を見ていない方は久しぶりにかなりディープなこの映画はいかがでしょうか?

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村

 

 


 

有望な投資先とは? おすすめ最新読書レポート:未来の大国 浜田和幸

本日は、読書レポートをお届けします。

未来の大国 2030年、世界地図が塗り替わる です。

国際政治学者の浜田さんが著者です。

 

f:id:starfield55:20191019124920j:plain

未来の大国は意外な国も。。。

BRICSやVISTA等と言われている国は今後も発展していくという

認識はありましたが、この本ではここに入っていない国もあって、新鮮でした。

また、巻末に2100年までの未来年表がついていて、未来を妄想するのもおもしろい

なあと思いました。では、盛りだくさんなので中身を見ていきましょう。

 

<未来の大国の条件とは>

ブロックチェーンのような最新技術を柔軟に取り入れることができることが必須

リブラのような仮想通貨を導入できるかどうかが大国の道

 

<豊かさを実現する国の5条件>

・暮らしている人の満足度が高い

・多様性に寛容 新しい発想や技術が生まれやすい

・新しい技術を安全に運用、柔軟に使える

・普遍的な価値観を提示している(昔の自由な国 アメリカ)

・豊かさを実現するための資源がある

 

<北朝鮮>

レアメタルの宝庫、ブロックチェーンの技術を持っており、トップランナー。

日本の統治時代に徹底的に調査をして、日本が情報を持っている。

マジック大国なので、マジックが交渉カードになり得る。

 

<ベトナム>

会計や証券制度は日本の制度を反映している。人口増加率が高く、若い国

中越、ベトナム戦争でも負けなかった。粘り強く、起業家も多い。

社会主義の関係で、ロシアとも関係が深い。シリコンバレーを越えるIT都市

の構築を目指しており、ポテンシャルはある。

 

<インドネシア>

2050年 世界第4位の経済大国を目指している。次々とスタートアップが立ち上がっている。2024年までに交通渋滞のため首都圏移転を目指している。特需が期待できる。

 

<イスラエル>

言わずとしてたIT大国。高度な軍需技術を民生に転用できる。

投資家と優良IT企業が殺到している。

 

<イラン>

アメリカに屈せず、中国、インド、ロシアと連携。

中東で2番目に国土が大きく、人口は1番多い。

 

<オマーン>

オマーンの領海域で、石油、天然ガスが見つかった。ホルムズ海峡を通る必要がなくなるので、戦略的に重要な国。

 

<アフリカ連合>

ポテンシャルが高い。中国がかなり投資してきたが、不信感が出てきて、日本に期待している。

 

<アメリカの衰退と中国の今後>

アメリカは内向きになっており、教育の荒廃が進んでいる。

GAFAのように、国境を越えて増大し、国家レベルの予算を持っている企業もあり、国家の優位性がなくなっている。中国は建国100年の2049年の世界一を目指している。

中国は技術はあるが、科学はない。よって新しいものを生み出しにくい。

一人っ子政策により、少子化、軍の弱体化が予測される。政治的な不安もある。

 

<日本の今後>

海洋には、メタンハイドレート、レアアース泥の資源があり、資源国家になる可能性がある。水道技術が高く、水大国になり得る。

 

いかがだったでしょうか。

今までは国という単位で国土が形成され、経済が成り立ち、軍隊があり、そして通貨が発行される仕組みの中で過ごしてきましたが、今やFacebookの人口はどの国の人口よりも大きく、通貨まで発行しようとしています。今後は、もはや国という枠組みは古い概念であり、今後は企業や個人が重視される世の中になっていくであろうと感じました。

皆さんもいろいろと示唆の富む本書を読んでみてはいかがでしょうか。おすすめです。

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村

 


 

やっぱ お笑いはおもしろい 最新読書レポート:言い訳 ナイツ 塙 宜之

読書レポートをお届けします。

 

今回はいつもと趣向が異なりますが、私は小さいころからダウンタウンや

ウッチャンナンチャンを中心にお笑いを見てきて育ったわけですが、

社会に出ても、笑いのセンスは結構重要だと思っていて、笑いでピンチを切り抜けることができることがあります。

そういう意味では社会人にとっても笑いのセンスは大事だと思うのです。

 

それで、ナイツ 塙さんのこの本が発売され、面白そうだなあと手に取りました。

 

f:id:starfield55:20191012192711j:plain

ナイツ 塙さんが語る 言い訳とは?

お笑い芸人の最前線の人が他の芸人をどう評価しているのか等、とても参考になりました。意外ととても高度なテクニックを持っている芸人等もわかり、新発見することもありました。今回は、私が心に残った内容を中心に紹介していくことにします。

 

【M-1は関東芸人には勝てない】

M-1ではしゃべりくり漫才とコント漫才のうち、しゃべくり漫才が強い。吉本興業の主催もあり、関西芸人の方が受け入れられやすい。

 

【実戦で試すことの重要性】

 カブスのダルビッシュ有は、変化球を試すとき、いきなり実戦で試すとのこと。

漫才もお客さんと一緒に作っていくもので、経験を積み重ねていくと勘がついてくる。

練習をしすぎると、新鮮味がなくなって不自然さが出てしまう。

 

【M-1は100m走】

寄席は10000m走で、M-1は100m走でそれだけ協議が違う。4分で笑いをまとめなくてはいけないので、序盤30秒で中くらいの笑いを取り、だんだん後半に従い、笑いを積み重ねて、最後に大受けを取れれば勝ち。この4分の使い方が重要。

そのため、大きな間を取る漫才をした、スリムクラブは革命的なこと。

活字に起こすと、NON STYLEの半分しかしゃべっていない。

 

【ヤホー漫才を発見】

2007年 言い間違えでボケまくるヤホー漫才を発明した。

じつは、サンドウィッチマンとナイツのネタは少し似ている。ボケとツッコミのセンテンスが非常に短く、ボケ数を増やせる。やはり、芸人はネタが全て。ウケる人程、余計な無駄話を挟まない。

 

【M-1は新しいものを求めている】

 新しいスタイルを評価する傾向にはある。

 ただ時事ネタは笑いと相性がいい。ネタ切れしないし。そういう意味では爆笑問題とナイツは似ている。

 

【南海キャンディーズ/オードリーは偉大】

相方のしずじゃんをむちゃくちゃに演じさせておいて、山ちゃんがツッコミでフォワードとして一言で回収していくのがすごくて、ツッコミの概念が変わってしまった。

オードリーもかみ合わない、ズレ漫才を発明した。

 

いかがだったでしょうか。

私はこの本を見て、YOUTUBEでM-1関係のビデオを鑑賞したくなり、見ました。

台風で大変な日ですが、身の安全を確保した上でお笑いでリラックスしたいものですね。

本の内容は、いろんな登場人物が出てきすぎて、かなりここでは表現できませんでした。

やはり、これだけ長年お笑いを見てきても、プロにしか気づけないテクニックや技が

あるものです。

商売ですので、テレビで多分赤裸々に語ることは少ないのでしょうが、本では節々に感じられる文章がたくさんあります。

 

是非、お笑いが好きなサラリーマン、ちょっと悩める仕事を忘れてお笑いの世界にはまりたい人に超おすすめな本です。売れているようです。

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村

 


 

テクノロジーがどう世界を変えていくのか 最新読書レポート:未完の資本主義 大野和基

最新読書レポートをお届けします。

 

未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来 ジャーナリストの大野さんによるインタビュー・編です。世界の有名な識者 7名にインタービューをしてまとめた本になっています。

f:id:starfield55:20191006184623j:plain

7人の識者が考えるこれからの社会とは

私自身、今までの世界は法による統治が上手くいった時代だと思っていて、今は過去の

テクノロジーの進化スピード感と全く次元が違うので、テクノロジーに逆に法律が合わせていく時代になると思っています。そういう意味ではこれからのテクノロジーを理解していくことが生活や収入に直結していくのではないかと思う程です。

これからは過去の延長では生きられない時代に突入していくのです。

さて、そのような時代の過渡期に世界を代表する識者は何を考えているのか中身を見ていきましょう。

 

【我々は大きな分岐点の前に立っている ポール・クルーグマン】

 ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマンです。

 格差を解消するには、賃金を上げる、富の再分配をする。富はすでにあるので政治的な問題。資本主義は現状で最適な仕組み。資本主義の粗っぽさ、厳しさを規制と税、国家による給付金制度による社会主義を合わせたシステム。

日本は年1%生産年齢人口が減っているので、年1%の移民を受け入れる覚悟があるか。

なかなか難しい。

 

【雇用の完新世が終わり 人新世が始まる トーマス・フリードマン】

フラット化する世界を書いた、ジャーナリストです。

世界はフラットなだけでなく、ファストかつスマートになっていると言う。

雇用の完新世 では、中程度のスキルであれば、雇用が成立するが、人新世では

三つのR(読み、書き、算数)だけでなく、四つのC(創造性、共同作業、共同体、コーディング)のスキルが必須となる。そのため生涯学習者になる能力が必要。

これからはシステムはオープンして、先見性のあるリーダーシップが大事。

人間の潜在能力が発揮できる社会にすることが重要。

 

【職業の半分がなくなり、どうでもいい仕事が急増する デヴィッド・クレバー】

 文化人類学者です。統計をとると、自分の仕事が社会に貢献していると思っていない人は37%、どちらかわからないと思っている人は13%で実に50%が意義を見いだせていない。ホワイトカラーにその傾向があり、ベーシックインカムを導入して、意味のある仕事を増やさなければならない。

 

【成長を追い求める経済学が世界を破壊する トーマス・セドラチェック】

 経済学者です。

 経済は成長せずとも機能する。成長を前提とした経済学、政治に警鐘を鳴らす。

 競争は良いことなので、フェアであることが大事。

 

【テクノロジーは働く人の格差をますます広げていく タイラー・コーエン】

経済学者です。

中間層が支えてきた産業の空洞化が生じたことで、中間層が孤独になり、コミュニティも減ってきている。米中貿易戦争は新しい冷戦。ただ、公平なルールを定めるための不可避なもの。

 

【ベーシックインカムと一日3時間労働が社会を救う ルトガー・ブレグマン】

歴史家です。

うつは個人の問題ではなく、社会的な構造問題であることがある。

高給の仕事は、富を移動させているだけの仕事もある。(銀行など)現在のプラットフォーマーもある意味そう。実利は何か、豊かな人生は何かを考える必要がある。

 

【データ資本主義が激変させる未来 ビクター・マイヤー=ショーンベルガー】

 大学教授です。

 貨幣、価格ベースの市場から、データによるマッチング市場に移っていく。

社会や政府が抑制しないかぎり、GAFAが勝者であり続ける。データ納税という概念を提唱。

 

いかがだったでしょうか。

7人の識者の内容なので、ちょっと盛りだくさんでした。

内容が盛りだくさんで、あまり書けなかった内容も多々あります。何度か読み返したい

本でもあります。世界最先端の識者の本が1000円以内で買えるなんて、かなりお得です。躊躇わず、買う本だと思います。是非おすすめです。

 

 ↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村