目指せ! 華やかに日々を彩る投資生活

株でマネーとライフの充実を目指します!

美団の2021年7-9月期決算発表についての考察と投資戦略

今回は投資について書き綴ります。 先週末、中国企業の美団の業績発表が ありました。 2021年第3四半期(7~9月)の業績 売上高:488億2900万元(前年同期比37.9%増)純損益:99億9500万元の赤字(前年同期は63億2200万元の黒字) となっています。 引き続…

RIZAPの決算定点観測と今後の見通し

今回は投資について書き綴ります。 本画像の権利はRIZAPグループに帰属します つい先日、延期されていた、2021年度第2QのRIZAPの決算発表が 正式に実施されました。 このコロナ禍での構造改革は継続されています。 筋肉質な体系は維持されています。 まだ、…

読書レポート:厚切りジェイソン  ジェイソン流  お金の増やし方

今回は読書について書き綴ります。 投資に関しての本はかなり、読んできました。 経済評論家、証券会社に勤めている人、 作家、大学の先生等々・・・・ 今回、紹介するのは、 変わった経歴の持ち主である、 Whyで有名な、芸人でもある厚切りジェイソンさんで…

テンセントの2021/第3Q決算発表で本当に成長鈍化なのか?

今回は投資について書き綴ります。 第2Qの決算発表がそろい始めました。 業種にもよりますが、おおむね、業績が良くなっている 企業が多い印象です。 半導体部品を中心とした 供給不足は懸念される所ですが、 引き続き、業績好調を維持できるか、 期待して…

スマホ2台持ちで節約する方法とは!!

今回は節約と投資について書き綴ります。 コロナワクチンの2回目接種も、9000万人を超えてきました。 前週同曜日比においても、大きく減少しています。 日本においては、マスクの習慣もあり、集団行動を得意としているため、 このまま次の波がこないことを…

SHOPIFY 2021年第3Q決算発表の分析

(出典:shopify IR資料) 今回は投資について書き綴ります。 決算発表シーズンになってきました。 1Q,2Qの発表等、それぞれの企業決算期に合わせて発表があります。 先ほど、SHOPIFYの2021年の第3クォーターの発表がありました。 (出典:shopify IR資料)…

通信料金節約からの投資資金確保について

今回は投資について書き綴ります。 NYダウ、および日経平均が比較的好調に推移しています。 次週、28日、米国においては、 7~9月期の米国内総生産(GDP、速報値)が発表されます。 若干、夏場にデルタ株の影響により消費が落ち込んでおり、 減速していると…

世界市場の動向と悪材料への向き合い方とは

今回は投資について書き綴ります。 日本市場、米国市場ともに、株価が上昇してきました。 底堅い展開となってきました。 第2Qの業績がそろそろ視野に入ってきます。 半導体部品の不足が影響している企業はスローダウンが 予想されますが、 それ以外の企業は…

お金の運用と消費を考える

今回は投資と消費について書き綴ります。 楽天カードは今後、カード事業を拡大するようです、 取扱高、シェア、発行数をそれぞれ拡大することを目指すようです。 楽天経済圏は現在でもポイント獲得、利用の観点で 集約するとかなり便利ではありますが、 規模…

投資家としてのこれからの課題に対する貢献とは?

今回は投資について書き綴ります。 緊急事態宣言が解除されました。 同じようなタイミングで、自民党総裁が交代しました。 まさに、コロナ対応は菅政権までの象徴的な 対応だったのではないでしょうか。 7割といわれている、ワクチン接種が 今後、さらに進…

投資家目線での世界情勢について

今回は投資について書き綴ります。 日経平均株価も3万円を超えてきました。 株価を見れば堅調な推移です。 コロナウィルスの大きい波も、 感染者が減ってきており、ワクチン接種人数の増加と ともに次の大きな波が来ないことを期待したい所です。 そして、…

好調な日本株式市場に思う事とは?

今回は投資について書き綴ります。 好調な日本株式市場。 ひと昔は、完全に米国市場と相場が連動しており、 米国株式市場が下落すれば、日本株式市場も 下落する構図となっていました。 米国市場がくしゃみをすれば、 日本市場は風邪をひくというやつですね…

変化の大きい時代の投資先とは?

今回は投資について書き綴ります。 日々、移ろいゆく世界。 ここ、日本では、ワクチン接種が大きく前進し、 7500万回に達しました。 新規感染者数も前週同曜日比でも大幅に減少し、 ワクチン接種と緊急事態宣言の両輪で、 新規感染者数が減少しつつあります…

株式市場の状況と美団4-6月期決算発表!

今回は投資について書き綴ります。 全体的に株式市場は落ち着いており、 大きなトレンドは見えておらず、膠着状態が続いています。 これからどのように株式相場が動いていくかは注視が必要です。 振り落とされずについていきましょう。 さて、波乱の中国市場…

世界経済の動向とテンセント決算に見る中国市場の状況とは

今回は投資について書き綴ります。 米国株式市場は、落ち着きを取り戻しているものの、 信用取引の買い残高は7月、 新型コロナウイルス禍の株価回復局面で始めて 月間ベースで減少したという記事を目にしました。 そろそろ、株価の天井を意識し始めて、 何か…