目指せ! 華やかに日々を彩る投資生活

株でマネーとライフの充実を目指します!

サムソンの決算発表とこれからのPC需要について

今回は投資について書き綴ります。

 

5日の米株式市場においては

ダウ工業株30種平均は反発し、

前営業日比67ドル87セント(0.17%)高の

3万9375ドル87セントで取引を終えました。

 

6月の米雇用統計では、

非農業部門の雇用者数が前月比20万6000人増と、

市場予想の20万人増を上回った模様です。

 

一方で、失業率は4.1%に上昇し、

労働市場の過熱感の緩和を示しています。

 

また、これらの指標を受けて、

政策金利の利下げ期待が高まっています。

 

アマゾンが早いもので

創業30年を迎えたとのことです。

 

時価総額は2兆ドルを超えています。

ECからクラウドコンピューティング事業や広告事業

により、利益率を高めて、今後はどのように

成長を高めていくのか注目に値します。

 

アマゾン独自のプロダクトも

今後、どのような方向に向かっていくのか

期待したいと思います。

 

先週の大手企業の決算発表としては、

韓国サムスン電子が5日、2024年4〜6月期連結決算が

ありました。

 

2四半期連続の増益となりました。

4〜6月期の営業利益は、

前年同期比16倍の10兆4000億ウォン(約1兆2100億円)

となり、市場予想を大幅に上回った模様です。

 

ここにきて、生成AI絡みのデータセンターへの

投資需要を受けて、

半導体各社が業績を回復しています。

 

また、マイクロソフトがCopilot+PCを発表し、

PC需要に回復の兆しが出ています。

新しいPCの使い方の提案により、

それほど、PC買い替えの必要性を感じず、

PCリプレースを先送りしてきた使用者に

購入を訴える機会となるかもしれません。

 

こちらもこれからの市場動向を

ウォッチしていきたいと思います。

 

 

この嵐の時に、資産運用の船が転覆しないように戦略を練っていきましょう。

また、皆様の健康を祈って、今回の記事を締めたいと思います。

 

(*本内容は、特定の銘柄、取引を推奨するものではありません。取引に当たっては、ご自身のご判断でお願いします。売買で被られた損失に対し、著者は何らの責任も持ちません)

 

↓押していただけるとブログ継続励みになります。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ